.

加盟店舗でどれものカードが使用できるのではありません。

▽カード会社の加入店舗は多くは二つ以上のカード運営会社に入っていますがいかんせん全部の商店で全部のブランドの所有クレジットカードが決済可能なわけではありません。

例えば古い店舗の際だとJCBロゴの書いたそのクレジットカードしか切れない状況もあるし、最近の加盟店だったりするとVISAやマスターといった名前の入っているもののみしか使えない場合もよくあります。

ダイナースのようなクレカの場合は、よけいに切れないお店が増えるはずです。

何の印のクレジットカードが使用可能かというのをどこで見分けるといいんだろう?「ではいかにしてどのカードが使えるかを判断するといいのか?」といってはみたもののちゃんと判断するためにはそこの誰かに聞いてみる以外ないというのが残念ながらその答えになります。

ただしたいがいのお店やショッピングセンターには加入店のエントランスの部分に使えるクレジットカードの案内が入っている加盟シールがあることから「へーそのお店ではアメリカンエキスプレスカードが切れるんですね」というふうに不安にならないようにされているので頭に入れておいていただけると思います。

いっぽうで、正しく契約管理が出来ていない加盟店舗のような場合には、ロゴステッカーが貼られている店舗でも「ここでは何々クレジットカードは使えません」などという回答を受ける状況もあるため冷や汗をかいてしまうことだけは避けたいところです。

余裕があればできる限りは十分な数の加盟店でクレジットカードが決済できるようにするためにもう一つの印(国際ブランド)が入っている一般的なダイナーズアメックス、ライフカード、といったカードを複数枚使えるようにしておくようにするとよいと思います(例:VISAカードを携帯しているならその次はアメックス付きのカードを申し込むなど等)。

国内ではVISAカード、MasterCard、JCBの3つのブランドが入ったクレカを常に所持していれば、日本各地の契約店でどれかしらのクレカを渡す機会があります。

クレカをいつも財布に忍ばせて日常的に節約を継続していくにはきっちりと万能に対応できるカードを作っておいてほしいとおもいます。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.ukchristianlouboutinstore.com All Rights Reserved.